最新更新日:2019/11/20
本日:count up17
昨日:183
総数:1939468

学習相談室・学習クラブの開放

画像1 画像1
画像2 画像2
 春休みも、学習相談室・学習クラブを3月28日〜31日までの4日間開放しています。ここのところ、昼の時間帯はソフト部がそろって利用しています。午前中の練習が終わり、昼食を食べた後、学習タイムということで、学習相談室を利用しています。
 よく見ると中には、この4月に入学する子どもも交じっています。ソフト部の練習に自主参加をしているようです。自然に友達同士で質問しあったり、教えあったりしています。なかなか良い雰囲気で学習をしていました。こんな利用の仕方も有効ですね。

野球教室

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月29日(火)に光ヶ丘中学校会場で、小牧市体育協会主催の野球教室が開催されました。スポーツデポからベースボールアドバイザーの三浦将明さんを講師として招いて行いました。内容はキャッチボールの基本、守備の基本、バッティングの基本、走塁の基本の4本立てで指導していただきました。元プロ野球選手ということで、生徒たちも真剣なまなざしで話を聞き、実践してみようと試みる姿勢がありました。今日学んだことを今後の部活の中に生かしてほしいと思います。お忙しい中、光ヶ丘中野球部のために来校していただいた小牧市体育協会及びスポーツデポの関係者のみな様大変ありがとうございました。

マメナシ通信No22

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2010年2月6日に校地に定植した絶滅危惧種のマメナシです。小牧市太良上池の岸辺に自生するマメナシの種子から2008年春に発芽して、4回目の春を迎える木です。いつになったら花が咲くようになるのかと思っていましたが、今年芽吹いてきた芽の中に、花芽のようなもの持っている木が何本もありました。
 特に、2段目の写真をご覧ください。この木は、夏の草刈りのミスで、写真のように傷つけられてしまいました。他の木に比べゆっくりですが、成長してきました。その木に一番多くの花芽がついているようです。これも種の保存をしようとする自然の摂理でしょうか。
 今から白く可憐な白い花が咲くのが楽しみです。花が咲いたら、またこのHPに掲載させていただきます。

バスケ部女子 〜名古屋女子高校との合同練習〜

画像1 画像1 画像2 画像2
バスケ部女子は26日、名古屋女子大学高校におじゃまし、練習に参加させていただきました。名古屋女子高校には名古屋の明豊中、はとり中も来て、一緒に汗を流しました。先日お世話になった明豊中の先生に練習を見てもらい、午後は高校生も含めた複数チームで練習試合を行いました。高校生に1対1の技術を教えてもらう機会があり、子ども達は非常に勉強になったと思います。名古屋女子高校のみなさん、明豊中のみなさん、ありがとうございました。

小牧選抜親善試合

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
26日と27日に、バスケットボールの中学校小牧市選抜チーム親善試合が開催されました。男子は春日井選抜チームと、女子は瀬戸尾張旭選抜チームとそれぞれ対戦しました。男子は2年生の入谷君と大嶋君、女子は2年生の宮田さん田口さん、1年生の大橋瑠菜さん大橋璃菜さんががそれぞれ選抜されました。特に女子は本校キャプテンの宮田さんが選抜チームのキャプテンを任せられ、チームを引っ張りました。
さすが各中学校から選抜された選手が集まったチーム同士の戦い、非常にハイレベルな熱戦が繰り広げられました。

わらべかんまつりで元気に活動

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 わらべかん(大城児童館)で、3月27日(日)に開館2周年を記念して「わらべかんまつり」が開催されました。光ヶ丘中学校の生徒も、有志の中学生カフェ、生徒会執行部の東北地方太平洋沖地震の支援募金活動、吹奏楽部のアンサンブルコンサートという形で参加をさせていただきました。
 10時の開会前から「わらべかん」は小学生や小さな子どもさんを連れた親子連れで大変賑わっていました。地域のこういう場で子どもたちが、地域の方々と自然な交流をするとともに、元気に活動をする姿を見るのは大変うれしいものです。豊かな経験をし、多くのことを学んで成長していきます。学校の授業だけでは身につかない貴重な何かを身につけていきます。活動をしている子どもたちの表情が輝いていることが何にもまして素晴らしいと感じます。
 卒業生も一緒に活動している姿も大変うれしいことでした。「地域とともに子どもたちを育てる」まさに学校が願っていることです。このように子どもたちが元気に活動し学ぶ機会をいただけることに感謝するとともに、今後もたくさんの子どもたちを地域活動に参加させていきたいと考えています。

ジュニア演劇クラブ=写真集=

画像1 画像1
画像2 画像2
 「こまなびフェスティバル2011 〜おとなとこどもの生涯学習のつどい〜」で、小牧市柔な演劇クラブも公演を行いました。公園前はリラックスムードで楽しそうな雰囲気でした。公演が近づくとともに少し緊張してきたようですが、広い舞台で力一杯演技をすることができました。当日の子どもたちの様子をスライドショーにしましたので、下のタイトルをクリックしてご覧ください。

こまなびフェスティバル2011 ジュニア演劇クラブの公演

※ タイトルをクリックしても写真が表示されない場合は、「Java」がPCにインストールされていないと思われます。ここをクリックして、お使いのOSにあわせて「Java」をインストールしてください。

わらべかんまつり

画像1 画像1
 わらべかん(大城児童館)は、地域に根ざした子どもたちのための児童館にしたいという地域の方々の思いが形となった児童館です。地域の皆さんの思いが一杯詰め込まれた、これまでの児童館にはない工夫がされています。運営も地域の皆さんで行われています。そのわらべかんでは、3月27日(日)に開館2周年を記念して「わらべかんまつり」を開催されるそうです。いろいろな工夫をし、楽しい催しがたくさん計画されているそうです。
 光ヶ丘中学校の吹奏楽部も、アンサンブルコンサートということで参加をします。また、光ヶ丘中学校の生徒会が、東北地方太平洋沖地震の支援募金も行います。お時間のある方は、「わらべかんまつり」に参加されるとともに、支援募金にご協力いただきますようお願いいたします。
 詳しくは、下のタイトルをクリックしてご覧ください。

 「わらべかんまつりの案内」
 「東北地方太平洋沖地震募金」

平成22年度 修了式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 本年度最後の行事である修了式を行いました。これをもって22年度が終わりました。
 修了式に先立って、表彰伝達を行い、続いて修了式、平成23年度前期生徒会役員の認証式、そして、生徒指導主事の話という流れで行いました。
 子どもたちには、次のような話をしました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<前略>
 本年度も、4月の始業式からこれまでたくさんの行事や活動がありました。それらの諸活動に、生徒の皆さんは前向きに協力して取り組むことができ、素晴らしい笑顔と輝きを見せることができました。その集大成が、3月8日に行われた卒業式です。卒業生も在校生も、誠実な態度で、一生懸命取り組むことができました。地域の来賓の皆様にも、「大変よい卒業式でした」「感動的な卒業式でした」とのお褒めの言葉をたくさんいただきました。また地域の皆様からの信頼を得ることができました。
 3年生は卒業しましたが、あとはここにいる皆さんが、先輩たちの姿を胸に刻み、光ヶ丘中学校のよい伝統を受け継ぎ、また新しい光ヶ丘中学校をつくってほしいと思います。特に2年生の皆さんには、光ヶ丘中学校の柱としての自覚と責任ある行動を期待したいと思います。
 さて、話は変わりますが、3月11日にマグニチュード9.0、最大震度7という東北地方太平洋沖地震が発生しました。この体育館でも揺れを感じて、皆さんも驚いたことと思います。その後大津波におそわれ、これまでに犠牲になったり、行方不明になった方々が25000人を超える大変大きな災害となりました。まずは犠牲になった方々に心からお悔やみを申し上げたいと思います。
 この大震災で、私たちも考えなければいけないことがあると思います。被災地では、まだまだたくさんの人が避難生活をしていますが、復興を目指してスタートをしようとしています。
 同じ日本に住む者同士、助け合っていくことが大切です。光ヶ丘中学校でも生徒会が中心となって緊急支援募金活動を行いました。大変素晴らしいことだと思います。募金をすることも大切ですが、今私たちに何ができるかということを考え、実行することも大切です。
 災害によって電力などのエネルギー不足、水不足、食糧不足、いろいろなことが考えられます。募金とともに、エネルギーの節約や水や食べ物を大切にするということも必要なことです。
 自分のことだけを考え、ガソリンや水、食料を買いだめしている人がいる。チェーンメールで疑わしい情報を流している。災害を機に振り込め詐欺を行う者がいるというようなニュースが報道されました。大変腹立たしいことです。このような心ない行動を許さないという強い気持ちももってほしいと思います。
 また、この地方も東海地震、東南海地震、南海地震という今回の災害に匹敵するような災害が発生する可能性があるといわれています。そんなとき、自分の大切な命を守るのは、自分自身です。「いざっ」というときに適切な行動ができるように、日頃から心の準備をしていくことも大切なことだと感じました。

重要 緊急災害募金 生徒からのメッセージ

画像1 画像1
<生徒会執行部からの御礼とメッセージ>

     たくさんのご協力ありがとうございます!!

皆さんもご存じの通り、東北地方では大きな地震そして津波があり、現在でも家がなくなり、家族を失うなど多くの方がとても苦しんでいます。そこで、光中ではこの災害の重大さを考え、学校が一丸となって募金活動を2日間行いました。募金金額は一日目は、98,288円、2日目は60,500円、2日間合計158,788円と、たくさんの募金が集まりました。また、参加生徒も二日間で述べ400人以上となり、生徒だけでなく、多くの先生方や保護者の方々からも多くの参加がありました。協力していただき本当にありがとうございました。

また、東北地方の方々に応援メッセージを全校生徒の皆さんから集め、その一部を掲載したのでぜひ見てください。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 地震がおきて大変な事になっていますが、私たちが募金をして応援しています。だから頑張って下さい。皆さんに貢献出来ればうれしいです。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
断水・停電などで大変かとは思いますが、強い心を持って行き抜いて下さい。皆様の無事をお祈りしています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 突然の大地震でたくさんのひとの命が犠牲になり、今、家族と離ればなれの人もたくさんいると思います。すごくつらくて、大変な日々が続いていると思いますが、頑張って下さい。いつかまた、明るい生活が出来る日がくることを祈っています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 苦しい生活が続くと思いますが、負けずに頑張って下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 遠く離れていて、協力できることは少ないけれど、出来きることは協力します!
応援しています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 東北地方太平洋隠沖地震で大変ですが、僕たちの募金が役に立てばうれしいです。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 地震や津波でたくさん辛いことや悲しいことがあったと思います。でも、諦めない心を持って頑張って下さい。愛知でも出来る事が少ないですが、精一杯して応援しています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
地震ですごく大変な事になって、今は食料もあまりなくてすごく困っていると思います。私に出来ることは限られているけれど、できる限りの事はします。今はすごく辛いかもしれませんが、早く被災者の皆さんが元の生活に一日でも早くなれるように願っています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 寒い日が続きますね。東北地方はとても寒いと思います。毛布も余分になく、電気も通らない所で、みんなは団結して助け合っているということはとてもすばらしいと思います。地震に負けず、頑張って下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 大地震の中、皆さんが協力し支え合っている姿を見て、とても感動しました。今の私たちに出来ることだけれど、私たち一人ひとりの思いが皆さんに伝わればな思います。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 今は大変だと思いますが、いつか必ず笑える日が来ると思うので、その日まで皆さんで力を合わせて頑張って下さい。応援しています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 これから回復するまでにはとても大変でつらいこともあるけれど、くじけずに頑張って立ち直って下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 まだまだ、余震も続いて落ち着けない日々が続くけど、あきらめないという心を持って頑張って下さい。私は節電をしたりして被災者の方の為に頑張ります。
被爆者の方も、お体に気を付けて下さい。余震などが早く治まることを願っています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 とても苦しい状況かもしれませんが、あきらめず頑張ればきっと良いことがあると思います。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 これだけのお金では、足りないのは分かっていますが同じ日本の仲間として協力したいという気持ちを被災者の方々に伝えたいです。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 私は見守ることしか出来ませんが頑張って生きると希望が見えるので頑張って下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今月の27日の日曜日に大城児童館にて「わらべかんまつり」が行われます。その際にも、募金活動を行いますのでご協力よろしくお願いします。
また、ご家庭でも今何をしなければならないか、何が出来るかを話し合うことが大切だと思います。
東北地方の皆さん諦めず頑張って下さい!

音楽の授業

画像1 画像1 画像2 画像2
 5・6組での音楽の授業の様子です。教室からは、授業開始のチャイムが鳴る前から校歌を歌う元気いっぱいの声が聞こえてきます。CDデッキや楽譜など、授業で使用するものも自分たちで協力して用意することができました。
 自分の声、友達の声、ハンドベル、リコーダー、打楽器といろいろな「音」にふれた1年間。「その楽器の一番いい音を鳴らそう!」という目標を目指して毎時間練習を重ねてきました。
 今日は今年度最後の音楽の授業ということで、合唱→ハンドベル→リコーダー→打楽器の順番で、CDの伴奏に合わせて「きらきら星」のフル演奏を行いました。演奏が終わった時のきらきらと輝く5人の笑顔がとても印象的でした。

ソフトテニス男子春季研修大会

画像1 画像1
3月19日(土)岩崎中にて男子ソフトテニス春季研修大会が行われました。2年生が中心の大会ですが、本校からは2年生5名、1年生7名の12名6ペアが参加しました。 今回の大会は練習時間があまりとれなかったことや顧問の及川が3年の卒業式を控え、ほとんど練習をみることができない状態だったこともあり、1ヶ月後の県予選に向けたウォーミングアップのつもりで臨みました。Best8に2ペア入るのが目標でした。
 結果としては、Best16以上に3ペア。Best8以上に2ペア。中でも大浦・長田ペアは決勝まで勝ち上がる大健闘を見せました。大浦君はストロークでなかなか本来の調子が出なかったけれど、長田君とのコンビネーションで苦しいながらも勝ち進み、決勝では白熱した好ゲームにすることができました。成果としては調子が悪いなりにゲームを作れるようになったこと。歯がたたなかった岩崎:原・山崎ペアにもう一息で勝てるまで実力がついたこと。チームの大黒柱として夏に期待。
 庵(いおり)・梅田ペアも健闘してBest8。準々決勝の桃陵戦は前半リードしていただけに残念。もう少しいつもの強気で攻めたらBest4でした。
 中村・藤沢ペアは実力が発揮できずにBest16で敗退。修正をして1ヶ月後には実力が発揮できるようにしてほしい。
 中野・加藤ペアは動きが良く、2回戦で市内第1シード相手に善戦。勝利まであとわずかという戦いを見せました。これからが楽しみです。
 チームの総合力アップが見えた大会。市内でも上位を狙えるところまできました。5人の2年生が1年生の面倒をよくみてくれたことがチームの力をつけている。夏の団体戦を目指してパワーアップしていきたいと思います。

バスケ部男子 〜三好カップ参加〜

画像1 画像1 画像2 画像2
バスケ部男子は週末、三好高校主催の三好カップに参加してきました。三好カップにはみよし市の中学校を中心に24校が集まり、汗を流しました。6チーム中3位で予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進むと1回戦の相手は崇化館中学。前半は五分五分に試合が展開されましたが、後半力尽き負けてしまいました。その後2試合交流戦を行い、2日間の結果は4勝4敗で24チーム中10位という結果でした。招待し運営してくださった三好高校の皆さん、ありがとうございました。

卒業生「出発(たびだち)の言葉」=写真集=

画像1 画像1
画像2 画像2
 第21回卒業証書授与式の卒業生の「出発の言葉」の動画を掲載させていただきます。本年度の卒業式も子どもたちが真摯な態度で臨み、厳粛な中にも思い出深い卒業式になりました。「出発の言葉」では、卒業生が自分たちの思いをしっかり伝えることができたと思います。
 動画は、320×240サイズのwmvファイルにしてあります。Windows Media Player等で再生されますが、再生画面が大きいと画像があれます。少しファイル容量が大きいので、再生されるまで少し時間がかかるかもしれませんが、下のタイトルをクリックしてご覧ください。卒業生「出発の言葉」は卒業生退場まで含め34分間ほどになりますが、ご覧ください。

卒業生「出発の言葉」

1点差の「重み」・・・。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月20日(日)に「第20回東海地域小中学生ソフトボール新人大会」の準決勝がありました。相手は、静岡県の三島市立錦田・中郷西中学校。好投手が2人もいて、まとまりのある素晴らしいチーム。1回戦も完封。しかし、本校は、1回に1点を先制し、その後追いつかれ、さらに2点を取られ逆転されたものの追いつくという、一進一退の好ゲームを展開することができました。ですが、6回裏に1点をとられ、むかえた最終回。ランナーを2塁に進めたものの、あとが続かずゲームセット・・・。確かに、惜しい試合でした。ですが、この1点差の「重み」は大きいと思います。
 選手たちはこの大会で多くのことを学びました。その学んだことを、「今後どう生かすのか」楽しみです!
 最後に、大会関係者の皆様、多方面よりご支援いただき本当にありがとうございました。そして、応援してくださったすべての方々に感謝します。3位とう結果に満足することなく、さらに強いチームになるために頑張ります!

第28回全日本軟式野球中等部小牧・豊山支部予選大会

画像1 画像1 画像2 画像2
 3月19日(土)快晴の天気のもと桃陵中学校会場にて、第28回全日本軟式野球中等部小牧・豊山支部予選大会が開催されました。光ヶ丘中学校は、1回戦豊山中学校と対戦しました。2回の裏にフォアボールをきっかけにバントで3塁まで進塁を許し、送球のエラーで1点を奪われてしまいました。光中も3塁まで何度か塁を進めましたが、あと1本が出ずに0対1で惜敗してしまいました。敗れはしましたが、選手たちは最後まで声を出し、全力疾走を心掛け、光中の目指す「全力で全員野球」は随所にみることができました。いろいろなことを乗り越えて今大会を迎えましたが、技術面、精神面以外のところでまだまだ何かが足りないため勝つ事ができなかったと知らされた大会でした。この悔しさを忘れず次回の大会に向け、生徒たちが奮起してくれることを顧問として願っています。

ソフト部 東海大会 1回戦突破!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月19日(土)に岐阜県の各務原市で、「第20回東海地域小中学生ソフトボール新人大会」が開催されました。
1回戦の相手は、岐阜県の西陵ソフトボールクラブ。ほぼ毎回ランナーを背負う苦しい展開でしたが、要所をしめて、少ないチャンスをモノにし、何とか勝利することができました!正直、最近のチームの雰囲気は良くありませんでしたが、この1週間で「気持ち」をつくった結果が勝利を導いたのだと思います。
 我がチームの良いところは、「元気で、ソフトボールを楽しむところ」。そして、「チームワーク」だと思います。個々の能力は高くありませんが、チーム一丸となって、「全力」で頑張る!
 愛知県の代表であることに「自信」と「誇り」を持ち、悔しい思いをしたチームの分まで明日も頑張ります。応援ありがとうございました。明日もお願いいたします!

東日本大震災 緊急募金活動

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 東日本大震災への募金活動が始まりました。二日間を通して述べ400人超の生徒・先生が募金活動に協力しました。3年生が卒業して在校生は全員で276人です。つまり2日間とも募金に協力する生徒が全校の半分以上いたということになります。
 また、今回の募金には、家庭から持って行くようにと保護者の方からも多く協力していただいていると聞いています。
 募金総額は後日改めて生徒の声と共に連絡させていただきますが、今までの募金活動を振り返っても例を見ない活動になっています。

 本当に多くの気持ちが伝わってきます。心より御礼申し上げます。

平成23年度年間行事予定について

 平成23年度の光ヶ丘中学校年間行事予定を公表します。右の配布文書をクリックしてご覧ください。なお、あくまでも3月18日現在の予定ですので、今後変更する場合もあります。あらかじめご了承ください。

あま〜い授業

画像1 画像1 画像2 画像2
1年生では地理の学習で「沖縄と北海道」という単元を学んでいます。そこで沖縄の特産物であるサトウキビを使って授業を行いました。なぜ沖縄ではサトウキビがたくさん作られているのか、なぜ沖縄のサトウキビは曲がっているのか、そこから沖縄の気候や農業の特徴を学びました。授業が終わった後にはサトウキビの試食会。あま〜い授業でした。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
〒485-0811
愛知県小牧市光ヶ丘3-52

TEL:(0568)79-7377
FAX:(0568)79-7385