教職員の年度末反省

画像1 画像1
画像2 画像2
 1年の学校教育活動を振り返って、教職員もアンケート調査を行いました。そして、保護者アンケート、生徒アンケートも含め、アンケート調査の結果をもとに、小グループに分かれ来年度へ向けての意見を出し合いました。通常は全体の会で行うことが多かったですが、小グループで話し合うことにより、意見を出しやすい雰囲気を作り、たくさんの意見を集約できるようにしました。各グループごと、模造紙にたくさんの提言が書かれています。出された意見を全体会で確認しました。この後、これを集約・分類し、もう一度協議することにより、来年度の方針や重点努力目標を検討していきたいと思います。

学校評価保護者アンケートの結果

画像1 画像1
 学校の教育活動の振り返りをして問題のある部分は、来年度に向けて改善するために毎年学校評価を行っています。保護者の方にもアンケートという形で、次のような質問をしました。
<質問>
〇劼匹發漏擇靴学校に行っている。
∋劼匹發呂△い気弔篳峪がよくできる。
授業参観や子どもの話から、先生は生徒に分かりやすいように授業を工夫している。
だ萓犬蓮△い犬瓩簗簑蟾堝阿某新に対応している。
ジ祭体育部門や文化部門などの学校行事は、ふだんの活動や学習を生かすようにしている。
Τ惺擦牢超を整え気持ちよく落ち着いた学校生活が送れるように努力している。
通知表は子どもの実態をうまく表したものになっている。
┳惺擦亙欷郤圓簔楼茲琉娶をよく聞いている。
教育活動の内容について、通信やホームページなどで知ることができる。
<評価>
A:できている B:おおむねできている C:あまりできていない D:できていないという形で答えていただきました。
平成16年度からのアンケートの集計結果の推移を表にまとめてみました。ここをクリックしてご覧ください。

 平成16年度から平成19年度の推移を見ますと、ほとんどの項目がアップしていることをうれしく思います。とりわけ問,簗筬については94%を越え、日頃の学校の取組を認めていただいていると理解しています。今後も保護者の皆様のご期待に添えるように鋭意努力したいと思います。

定例会・名人芸集会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2月の定例会は、名人芸集会でした。最初に、バスケット部男子、バレー部女子、新体操(個人参加)、読書感想文コンクール、読書感想画コンクールの表彰伝達の後、「名人芸集会」を行いました。2年女子によるピアノの連弾「剣の舞」と2年男子5名によるバンド演奏がありました。練習の成果もあり、全校生徒の前で堂々の発表でした。得意なことがある。楽しめることがあるというのはいいことだと感じます。
 印象に残ったのは、3年生男子数名です。舞台の横で、自分たちも出たそうな顔をしながら、楽器の準備や片付けを手伝っていました。「君らは出ないの?」と声をかけたら、「オーディションに参加しなかったので、出られないです。」と言っていました。来年度の「地域ふれあい学びフェスティバルの中庭ライブには出てよね」と依頼したら、「絶対に出る」と力強く答えてくれました。卒業してからも、OBとして光ヶ丘中学校と関わってくれることを期待しています。

第6回夜の光ヶ丘中学校No2

 第6回夜の光ヶ丘中学校の第2弾です。講演の後、次のような質問がありました。
<質問:ガンは遺伝が関係しているか?>この質問に対し、鈴木先生の答えが、大変興味深いものでした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<鈴木先生の応答>
どこのガンでも親がそのガンにかかっていたらリスクは高い。特に大腸ガンと乳ガン。家族性と言ったら言い過ぎだが、基本的に体質が似るし、環境も似る。遺伝は変えられない。そういう家系に生まれてしまった後の予防をどうするか、そういう遺伝を持った後の解決策を見いだしていくことが大切。
 ガンの家系なら、一般的に煙草はやめる。乳ガンなら脂っこいものは食べないなど。
 親もガンでみんなガンでと言っても、今は2分の1の確率でガンになる。ガンになるのは珍しいことではない。人は何かで必ず死ぬので、何で死ぬのかと考えたとき、ガンは決して悪い病気ではない。交通事故で死んだら考える暇もない。ぽっくり死んだらいいと言っても、ある程度整理も必要。今はガン告知をするから、1年ぐらいは準備ができる。ガンはそういう意味では、良い死に方と考えてもいい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 これも発想の転換ですよね。ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えることが必要なんですね。しかし、鈴木先生は、大変なことをサラッとおっしゃっていました。ここまで達観したものの考え方ができれば素晴らしいと思います。
画像1 画像1

第6回夜の光ヶ丘中学校No1

画像1 画像1
 2月8日(金)に名古屋市立大学大学院医学研究科で、公衆衛生学分野の研究を推進してみえる鈴木貞夫先生に「研究者としての生き方」と題して講演をしていただきました。「計算とは何?いろいろな計算がある」ということから話が始まりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ガンは増えているか? 実数的には増えている。しかし、社会全体が老齢化しており実際に患者数は増えているが、割合としては増えていない。→これが計算
◆リスク計算→牛肉食べても大丈夫か?中国餃子はいいか?など、リスクの大小の関係。カテキンって体にいいの?マイナスイオンはどうです?などは、利益に見合うコストかどうかという話で、これも計算。
◆ガン告知をすべきか?
ハンチントンブドウ病は遺伝病。父ないしは母が感染していると2分の1の確率で遺伝する。遺伝していたら必ず発病する。自分の身に遺伝しているかどうか?確率は50%。調べればわかる。遺伝していれば必ず発症する。そういうとき検査をするのか?これも計算。これは完全に人による。知りたい人、知りたくない人、どちらにしろ答えは一緒。遺伝していなければハッピィー、遺伝していれば真っ暗。検査する検査しない、告知する告知しない、それ相応の苦悩がある。どちらがよいか答えはない。ただ考えなければいけないことである。
◆計算は意志決定そのもの。あるいは、意志決定をする際の根拠となる。人生においてどのように計算するか。要所要所においてどのように意志決定されるか。人生においてどのような選択をしていくべきかということを冷静に考えるということが計算である。
◆喫煙と肺ガン
吸うか吸わないかの意思決定は、吸ったメリットとデメリットで考える。結果論として吸うことにメリットがなくても、始めるときには何らかのメリットがあったはず。長期的な健康のメリットデメリットから考えれば、話は簡単。煙草の問題が非常に難しいのは、それだけで話は進まない。現在のメリットが冷静にどれぐらい考えられるかが大切。
◆マスコミレベルでのチョコレートが健康にいい。ワインが健康にいいと言う話。その信憑性は?健康食品をとって健康になった人だけを集めて論じることには、何の意味もない。クロレラやトルマリンのコマーシャルも同様。正しいデータで比べることが非常に大切。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 こんな話を聞きながら、次のようなことを思いました。「現在は情報社会である。非常に多くの情報が手にはいる。その情報が正しいかどうか、それを判断するのは自分自身である。」「正しい判断をするには正しいデータが必要である。」「マスコミなどに踊らされることなく、正しく見極める目(正しいデータ)を持つことがたいせつである。」「そのためには、学び続けることが必要である。」
 この夜の光ヶ丘中学校も学び続ける良い機会です。

中日新聞「学び舎」リポート

画像1 画像1
 中日新聞の「学び舎」に、光ヶ丘中学校の「地域ふれあい学びフェスティバル」が取り上げられました。この「地域ふれあい学びフェスティバル」は、学校と地域、子供と大人が一緒になって創り上げるフェスティバルです。交流と学び、そして、子供たちが主役になって活動することをねらいとしたイベントで、確実に地域に定着してきています。
月1回開催した実行委員会でも、中学生実行委員が活躍をしました。その中学生実行委員に取材して記事が掲載されました。フェスティバル開催までの苦労とともに、フェスティバルに携わった子供たちが、生き生きと活躍した様子や苦労の中から成長した姿、また、やり遂げた満足感などが感じられる記事となっています。

 ここをクリックして掲載された記事をご覧ください。

 子供たちが学ぶ場は本当に幅広くあります。教科の学習も大切ですが、「地域ふれあい学びフェスティバル」のような場も、子供たちが成長するための貴重な学びの場です。今年かかわってくれた子供たちも、創意工夫を活かしながら一つ一つ課題をクリアしていきました。その姿に逞しさや可能性を秘めたパワー、また、人間力の成長を感じることができました。多くの子供たちが、幅広い学びの場に自分から踏み出し、自分の可能性を広げてくれることを期待したいと思います。

学習クラブを活用しよう

画像1 画像1
画像2 画像2
 生徒の皆さんは、何の写真だかわかりますね。光ヶ丘中学校の学習相談室には、学習クラブというシステムが入っています。テスト週間などには、このシステムと学習相談室を開放していますので、利用をしたことがある生徒の皆さんも多いと思います。この学習クラブの特徴は、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・バーコード読み込みで、簡単操作で学習プリントが作れます。
・いろいろな種類の学習プリントが作れます。
・たくさんの問題の中から、自分にあった自分だけのプリントが作れます。
・わからないところや力をつけたいところなど、自分のペースで学習できます。
・わからなくなった内容までさかのぼって学習できます。
・たくさんの問題があるので、納得するまで繰り返し学習できます。
・わからない部分は、アニメを使った解説が見られます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以上のようです。もちろんたくさんプリントを作って勉強しても、生徒の皆さんは、お金はいりません。無料です。3学期に入って、3年生からの要望があり、開放できるときは開放するようにしました。せっかくのシステムですからたくさんの人に利用してほしいと思います。このホームページをご覧になっている保護者の皆さんも、お子さんに学習クラブを利用するよう勧めてください。テスト週間以外にも要望があれば開放していきたいと思います。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
4/3 着任式・入学式準備
4/4 入学式・始業式
〒485-0811
愛知県小牧市光ヶ丘3-52

TEL:(0568)79-7377
FAX:(0568)79-7385