【教育目標】自ら学び 正しく最後までやり抜く 心豊かな生徒 を育てる

男子バスケットボール部、1年生大会頑張りました。

画像1
画像2
画像3
 2月23日(日)篠岡中学校で開催された1年生大会に参加しました。

 この日のために、ここ1週間は、1年生の中から立候補で選ばれたキャプテンと副キャプテンを中心に活動してきました。1年生13人で挑む初めての大会は、実り多いものとなりました。
 闘う姿勢やひたむきさ、なによりバスケットボールが好きだという気持ちは元々強く持っている13人です。中学生になってから11ヶ月積み重ねてきた努力は、たくさんの場面で形となってあらわれました。先輩たちの指導を受け、しっかり成長しています。同点の場面で、自分たちで最後のプレーを話し合い、決断することもしました。チームとして動くことはもちろんですが、「一人ひとりが責任を負うこと」も、今日のひとつのテーマでした。

 しかし帰りのミーティングでキャプテンと副キャプテンは言いました。
「やれていることもあるけど、やれていないこともたくさんある」「自分たちが負けている場面で声を出せなかった」
 収穫とともに課題もたくさん見つかりました。キャプテン、副キャプテンが挙げた課題に対し、ある部員は「そのために明日の練習から手を抜かずにやる」と応えました。期待しています。

 今日2年生は一切試合に出ませんでしたが、朝から1年生の代わりにオフィシャルの仕事を手伝ったり、声援やアドバイスを送ったり、9人全員で大会に参加してくれました。そのような先輩の姿が、後輩を逞しく育てています。ありがとうございました。

 また、保護者の方や校長先生、応援に駆けつけてくださった多くの方々、会場を担当してくださった篠岡中学校の皆様方に厚く御礼申し上げます。

 またここから精進していきます。今後ともよろしくお願い致します。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31