【教育目標】自ら学び 正しく最後までやり抜く 心豊かな生徒 を育てる

関わり学ぶ姿

画像1
相手と英語でコミュニケーション

  目と目を合わせてコミュニケーション

    [1年生 英語]

関わり学ぶ姿

画像1
世界の地図を見てみよう

  ここってこれでいい?
  つい、身を乗り出してしまいます。

    [1年生 社会]

関わり学ぶ姿

画像1
幼児になってみよう
大人として幼児に接してみよう

    [3年生 家庭科]

平方根の値

画像1
ルート5は、どんな値?
電卓をたたいてたたいて・・・
  次第に平方根の概念も理解していきます。

   [3年生 数学]

聴く姿勢

画像1
学びの仲間が発言しているとき「聴く」ことを大切にすると、写真のような教室となります。

   [1年生 国語]

地図とにらめっこ

画像1
地図上の地名探し
    結構楽しいものです。
集中しているうちに、地図の見方を身につけていきます。

      [1年生 社会]

地球儀から気づくこと

画像1
地球儀をじっくり見ると、いろんな事に気がつきます。
その気づきが、これからの学びに直結します。

今日から地理の学習がスタート。
  これから先の学びにわくわく感が高まります。
     [1年生 社会]

意見の根拠を示そう

画像1
どこまでが序論?
どこからどこまでが本論?
どこからが結論?

それぞれの考えを伝え合うときに必要なのはその根拠。
根拠を明確に説明できれば、説明文の構成を十分に理解している証拠です。

    [1年生 国語]

究極のバトンパスをめざして

画像1
 トップスピードを保ったまま、利得距離を十分にとったバトンパスができれば、チームの記録は向上する。
 どうすればそれができるか、考えながら、意見を述べ合いながら、究極のバトンパスをめざしています。
       [1年生 体育]

楽しく わかりやすく

画像1
『人類はどのようにして単体の金属を得たのだろうか?』

  酸化銅から銅だけを取り出すことができるか・・・
 
  えっ?水素が酸素を略奪する? どういうこと?

 この難しい学習課題に対して、楽しく、そしてわかりやすい授業が展開されたことは、この写真が物語ります。

    [2年生 理科]

『聴く』を大切にする

画像1
 誰かが何かを話そうとしたとき、自然に注目して聴くことができる。

 決して形だけではなく、自然にそんな姿が教室に多く見られたとき、全員がしっとりと学ぶ「学び合う学び」が成立し始める。

    [1年生 国語]

学び合う学び 〜授業参観より〜

画像1
 どの教室でも、どの教科でも互いに関わり合いながら学ぶ。
 決してワークショップ的ではなく、教科の学びの本質に迫る課題に向かって互いに学び合う学びを積み重ねる。
 そんな「学び合う学び」の授業を小牧中学校では日頃から追究しています。

     [授業参観の各教室より]

これぞ学び合い

画像1
興味深い資料から読み取ったことを互いに伝え合います。
根拠はどこにあるのか調べて共有します。
個で考え、グループで共有し、全体で考えます。
次第に今日の学習課題に迫っていきます。
  
 なぜヒトラーは国民から支持されたのか?

授業中、教室内の全員が頭と耳と口を使って学びました。

    [3年生 社会]

支え

画像1
頑張らなきゃいけない。
    でも、一人では苦しい。

そんなときの仲間の支えは大きなエネルギーとなる。

「がんばれ〜! あと2周!」

  [1年生 体育]

教材にのめり込んだときの関わり合う距離

画像1
国語の説明文教材にかかわる資料を手にしたときの様子です。

このシーンだけでも、この授業における生徒の学びの様子が容易に想像できます。

    [1年生 国語]

邪馬台国ってどんな国?

画像1
邪悪な馬がいる国? という導入からはじまった授業

資料からどんどん読み取っていきます。
個々に読み取ったことを近くの人と・・・グループで・・・全体で共有していくうちに
弥生時代である3世紀、卑弥呼という女王が統治した倭の国の様子について理解が進みます。
         [1年生 社会]

テスト返却 〜学びの連続〜

画像1
定期テストが返却されて
  ○○点だった・・・ で終わりではないですね。

自分がどこでどうして間違えたのか、
   それを追究することが本当の学びになるのです。
学びは連続しています。

さすが3年生! みんな真剣ですね。

        [3年生 数学]

答案の返却

画像1
悲喜こもごも

 一生懸命取り組んだ人ほど
     その結果には一喜一憂するもの

だけど、結果そのものより
「それまでの過程」と「これから」を
         大切にしてくださいね。

       [2年生 国語]

深みを出す

画像1
自分に向き合いつつ、
  他からも刺激を受ける

だから、作品に深みが出る。

   [2年生 美術]

向き合う

画像1
自分の作品に向き合うことは
    自分に向き合うこと でもある。

「作者」が表れる
    だから、芸術はおもしろい。

      [1年生 美術]
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31