【小牧中学校教育目標】自ら学び 正しく最後までやり抜く 心豊かな生徒を育てる  【めざす生徒像2021】自ら考え 正しく判断し 主体的に行動する生徒

どうしたらうまくできる?

画像1
どうすれば怖くなくなる?
こうすればいいんじゃない?
まずはやってみるね。
もっと深くかがめばいいんじゃない?
よ〜し、もうちょっとだよ。

 伸膝後転がうまくできるためのポイントをみんなで見つけ、伝え合い、自分の力にしていきます。
 マット運動って、できるようになってくると楽しいね。

 [1年生 体育]

作者が伝えたいメッセージとは・・・

画像1
「竹」という詩から受ける感想
 みんなの気づきや想いをつなげて
 何度も朗読を繰り返し読み深めていきます。

そして、作者がこの詩を通して伝えたかったメッセージとは・・・

みんなの意見で核心に迫っていきます。

  [1年生 国語]

大学入試問題に挑戦!

画像1
「鎌倉時代に起こった歴史的事項を記して、鎌倉幕府滅亡までの過程を記述しなさい。」

 高等学校卒業程度の学力を問われる大学入試問題。
 とは言っても、中学校までの学びが基礎。
 だから、今学んだことを基にすればある程度回答できるんです。

 学んだ事柄をみんなでつなぎ合わせて記述問題に挑戦中です。

  [1年生 社会]

うまくできるコツは?

画像1
「こうしたらうまくできるんじゃない?」

「こうやってみたら怖くなくなったよ。」

 試行錯誤しながら互いの気づきを伝え合い技能を高めていきます。

 [1年生 体育]

学び合う教室 〜気づきの共有〜

画像1
「詩」を読み、
 味わった感想や技法についての気づきをメモ。

みんなのメモを互いに手元で確認して
 さらに深い読みにつなげていく。

個々の学びを互いに共有するところが学び合う教室です。

 [1年生 国語]

フライのキャッチ

画像1
まだはじめたばかりのソフトボール
慣れないキャッチボールの中でも
  高く上がったボールへの対応は特に難しい。

でも、みんな徐々に上手になっているよ。

 [1年生 体育]

仕上げ

画像1
良い製品になるかどうか
   仕上げの善し悪しも大きな要素

みんな最後の最後まで手を抜きません。

 [1年生 技術]

過去分詞

画像1
過去分詞の復習
  楽しみながら学びます。

 [2年生 英語]

立つ鳥跡を濁さず

画像1
美しい心で思い出の場所も美しく

  明後日は卒業式

読み込む 書き込む 読み込む

画像1
詩をあじわう

作者の想いを予想しながら詩を読み込む

工夫された表現方法など気づいたことを書き込む

みんなの気づきをもとに読み込む

 [1年生 国語]

なぜ国語を学ぶのか

画像1
中学校での最後の授業は究極の課題

もし国語を学ばなかったら・・・
いろんな考えを聴き合い伝え合う。

あの人のあの意見について聞いてみたい。
そんな関わり合う学びもタブレット活用で促進されます。

学びの本質を学び、中学校生活の終末に向かっています。

 [3年生 国語]


仏教を信仰する人が増える条件は何だろう

画像1
仏教が広がった鎌倉時代

日本の人口推移
平均寿命の変遷
寺院の数
都道府県別の仏教系寺院数・・・

 様々な資料から仏教が広がった時代背景を紐解いていきます。

 [1年生 社会]

筆者が伝えたいことは?

画像1
問題提起はどの部分?
問題に対する筆者なりの考えはどの部分?

本文から読み取り、クラゲチャートにまとめていきます。
そして、意見交流へ・・・

読み取りが進んでいきます。
 [1年生 国語]

授業が変わった!

画像1
完成した「批評文」は紙面発表ならぬデータ発表
発表する文の提出はテキストデータでも手書きの原稿用紙の写真でも可

全員の提出後は、興味のある作品に対する感想発表
この発表は口頭で。

見るからに授業の大きな変化を感じます。
しかも授業形態の変化だけでなく、
 批評文を読むと、その質的変化も感じます。

タブレット導入により国語の授業がより良い変化を遂げています。

  [3年生 国語]

のこりわずか

画像1
卒業まで残りわずか

授業もあとわずか

最後まで前向きに学びます。

ともに学んだ証

画像1
卒業記念作品は手作りの『落款印』

ともに学んだ仲間の落款印を集めて
  世界にひとつだけの記念色紙をつくります。

 [3年生 美術]

科学の視点から原発を考える

画像1
原子力発電に賛成か反対か・・・

 とてもとても難しい問題です。
 これまでに学んできたことをもとに中学生として真剣に考えます。

 [3年生 理科]

よ〜く見て

画像1
形、大きさ、輪郭、方向・・・
筋、しわ、色合い、かげ・・・

 よ〜く見て描いてみよう!

 [2年生 美術]


読み手にしっかり伝えるために

画像1
 書いている批評文を読んでもらったときに、題材としている資料がどんなものかまでしっかりイメージしてもらえるだろうか。
 資料の様々な特徴をしっかり盛り込みながら、序論、本論、結論をわかりやすくとまとめ、完成度の高い批評文の作成をめざします。

 [3年生 国語]

テスト返却後の学び

画像1
定期試験は入学選抜試験(入試)ではありません。

試験を終えたらそれで終わり・・・ではありません。
試験結果から学びをスタートさせることが大切です。

模範解答はデジタル配信によってスピーディーに手元でしっかり確認できたり、保存していつでも見直したりすることもできる。
みんなしっかり学び始めています。

 [1年生 国語]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
3/11 公立高等学校入試B
3/12 2年生進路説明会